政府は16日、来年5月の広島市での先進7カ国首脳会議(G7サミット)に伴う12の閣僚会合の開催地を追加で決めた。内務・安全担当相会合は水戸市、交通相会合は2016年に「伊勢志摩サミット」の会場となった三重県志摩市で開く。外相会合は長野県軽井沢町、財務相・中央銀行総裁会議は新潟市に決まっており、これで14の関係閣僚会合の開催地が出そろった。

 松野博一官房長官は記者会見で「誘致に名乗りを上げた地方公共団体の中から、会場や宿舎、警備などの観点で検討を進め、バランスも考慮して決定した」と説明。「G7の協力関係を強化し、しっかり対処したい」と強調した。