自民党の世耕弘成参院幹事長は3日の党会合で、岸田内閣の支持率下落に触れ「厳しい雰囲気の中での臨時国会になる。浮足立つことなく、しっかり政策に取り組む」と述べた。斉藤鉄夫国土交通相は記者会見で、安倍晋三元首相国葬や世界平和統一家庭連合(旧統一教会)を巡る問題への与党の対応が支持率下落の一因との認識を示した。

 岸田文雄首相は葉梨康弘法相と官邸で面会し、旧統一教会に関する政府の被害相談窓口を継続するよう指示した。

 公明党の山口那津男代表は党会合で「旧統一教会問題が発生し、その対応に政治の姿勢が問われている」と強調した。