自民党の麻生太郎副総裁は2日午後、韓国・ソウルに向けて成田空港を出発した。韓国の聯合ニュースは2日、尹錫悦大統領が午後、大統領府で麻生氏と会談すると伝えた。ソウルの雑踏事故の哀悼期間であるため、非公開で行う可能性が高いとしている。

 麻生氏は尹氏との会談で、岸田文雄首相の意向を踏まえ、日韓間の懸案となっている元徴用工問題を巡り意見を交わす可能性がある。多数の死者が出たソウルの雑踏事故には弔意を示したい考えだ。

 麻生氏は超党派の国会議員や財界人らでつくる日韓協力委員会の会長を務める。来年1月に韓国で予定している日韓合同総会に向けた準備も進めている。