【ミュンスター共同】林芳正外相は4日(日本時間同)、ドイツ・ミュンスターで、欧州連合(EU)の外相に当たるボレル外交安全保障上級代表と会談した。ウクライナ侵攻を続けるロシアへの制裁やウクライナ復興支援で、国際社会と連携する方針で一致。北朝鮮の核・ミサイル開発や日本人拉致問題での協力も確認した。

 林氏はフランスのコロナ外相とも会談し、「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けた協力で合意した。このほか、イタリアのタヤーニ外相と個別に協議した。

 先進7カ国(G7)外相会合にゲスト国として参加した西アフリカ・ガーナのボチュウェイ外務・地域統合相とも会った。