岸田文雄首相は6日、米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)を拠点とする原子力空母ロナルド・レーガンに乗艦した。北朝鮮や中国をにらみ、日米同盟の抑止力をアピールする狙い。視察中、中国の空母を巡り意見交換する場面があり、関心の高さをうかがわせた。

 関係者によると、日本の首相が米空母を訪れるのは2015年の安倍晋三氏以来で2回目。首相は説明を受けながら艦内を視察し、戦闘機の操縦席に座るなどしていた。

 中国の新型空母「福建」が話題になり、首相は装備された艦載機発進用の電磁式カタパルト(射出機)を中国がうまく活用できるかと質問するなどした。