自民党の石破茂元幹事長は8日、安倍晋三元首相と世界平和統一家庭連合(旧統一教会)側との関係を巡り、死去を理由に調査を見送る対応に疑問を呈した。党本部で記者団に「詳細を明らかにするのは難しいとばかり言っても、国民の理解は得られないかもしれない」と述べた。

 岸田文雄首相は、安倍氏と教団側との関係について「本人が亡くなった今、確認するには限界がある」として、消極的な見解を表明している。