【ヌサドゥア共同】岸田文雄首相は14日、訪問先のインドネシア・バリ島で、欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長と会談した。東京電力福島第1原発事故後のEUによる日本産食品の輸入規制の早期撤廃を要請。ロシアが侵攻を続けるウクライナへの支援や対ロ制裁を継続する必要性を確認した。

 両氏は、ロシアによる核の使用はあってはならないとの認識を共有。中国を念頭に、東シナ海や南シナ海での力を背景とした一方的な現状変更の試みに反対する方針で一致した。