野党は16日、「政治とカネ」問題が相次ぐ自民党の寺田稔総務相への辞任要求を強めた。共産党の穀田恵二国対委員長は記者会見で、週刊文春のニュースサイトで公選法違反疑惑を報じられた寺田氏はすぐに更迭されるべきだと主張。国民民主党の舟山康江両院議員総会長も同様の認識を示した。寺田氏は参院政治倫理・選挙制度特別委員会で疑惑を否定し、辞任要求も重ねて拒否した。

 松野博一官房長官は会見で「政治家の責任で適切に説明することが重要だ」と語った。

 寺田氏を巡り、週刊文春のサイトは16日、昨年衆院選の選挙運動に関する収支報告書に虚偽記載があり、公選法違反の疑いがあると報じた。