【バンコク共同】岸田文雄首相は17日午後(日本時間夜)、中国の習近平国家主席とタイ・バンコクで会談した。建設的で安定的な関係構築に向け協力し、首脳を含むあらゆるレベルで緊密に意思疎通を図っていくことで合意。岸田氏は、沖縄県・尖閣諸島を含む東シナ海情勢や中国による弾道ミサイル発射など軍事活動について「深刻な懸念」を伝達した。一方、習氏は台湾や人権の問題を念頭に「中国内政への干渉は受け入れない」と述べ、日本をけん制した。

 日中首脳の対面会談は約3年ぶりで、岸田氏にとっては初。権力基盤を固めた習氏との間で、日中関係を発展させ、緊張緩和できるかが焦点になる。