与野党は8日の参院議院運営委員会理事会で、7月の参院選で当選後、海外に滞在して一度も国会に登院していないNHK党のガーシー氏への対応を協議。議員の海外渡航届に関し、帰国予定日などを明記できない場合は具体的な理由の記入を義務付けると扱いの変更を申し合わせた。来年の通常国会に向け、1月1日に運用を始める。

 ガーシー氏は7月に渡航届を提出した際、帰国予定日を「未定」とした。議運委はN党を通じてガーシー氏に登院を求めており、理事会では欠席理由や今後の対応を文書で問う方針も決定。

 参院によると、これまでは渡航届に帰国予定日などを記入できない場合のルールがなかった。