【ワシントン共同】米ホワイトハウスは3日、バイデン大統領と岸田文雄首相が13日にホワイトハウスで会談すると発表した。岸田氏は首相就任後初めての首都ワシントンの訪問となり、防衛力を強化する日本政府の方針を直接伝え、同盟深化につなげたい意向だ。

 中国が軍事、経済両面で台頭し、北朝鮮が弾道ミサイル発射を繰り返すなど日本を取り巻く安全保障環境が厳しさを増す中、日米の緊密な連携を示す狙い。両首脳が対面で会談するのは昨年11月のカンボジア・プノンペン以来となる。

 岸田氏は会談で、今年5月の先進7カ国首脳会議(G7広島サミット)の成功に向けた協力も要請する。