松野博一官房長官は31日の記者会見で、岸田文雄首相が11月3〜5日の日程で、フィリピンとマレーシアを訪問すると発表した。海洋進出を強める中国を念頭にした協力強化や、12月に東京で開く日本と東南アジア諸国連合(ASEAN)の特別首脳会議に向けた連携を進める。

 松野氏は、首相が両国首脳との会談で2国間関係や地域の課題について幅広く議論すると説明。「法の支配に基づく自由で開かれた国際秩序を強化し、人間の尊厳が守られる世界を確保する協力を確認する」と述べた。