岸田文雄首相は3〜5日の日程でフィリピンとマレーシアを訪問し、首脳会談に臨む。いずれも首相就任後、初訪問となる。東・南シナ海で覇権主義的な動きを強める中国の抑止に向け、安全保障分野での協力強化を図りたい考えだ。両国の首脳は12月に東京で開催する日本と東南アジア諸国連合(ASEAN)特別首脳会議に出席予定で、会議成功に向けた連携を確認する。

 フィリピンのマルコス大統領との会談では、米国を加えた3カ国の安保協力の強化策を協議する。南シナ海では、中国艦船がフィリピン軍の拠点に向かう同国補給船団を妨害するなど行動を活発化させており、3カ国連携で中国をけん制する。