【マニラ共同】岸田文雄首相は3日、フィリピンを訪問し、同国のマルコス大統領と会談した。東・南シナ海で軍事活動を活発化させる中国の抑止を狙い、安全保障分野での協力強化を確認。自衛隊とフィリピン軍部隊の相互往来をスムーズにする「円滑化協定(RAA)」の交渉入りで合意した。フィリピン軍への沿岸監視レーダー供与を決めた。

 両国がそれぞれ同盟関係にある米国も加えた3カ国の連携深化も申し合わせた。南シナ海では、フィリピン軍の拠点に向かう同国補給船団を中国の艦船が妨害するなどの行動が活発化しており、中国の覇権主義的な動きをけん制したい考えだ。

 首相は会談で「日本とフィリピンは基本的な価値を共有する戦略的パートナーだ。法の支配に基づく自由で開かれた国際秩序の維持へ協力を強化したい」と述べた。マルコス氏は日本との経済開発や安保協力に意欲を示し、米国を含む3カ国連携を「うれしく思う」と評価した。