【クアラルンプール共同】岸田文雄首相は5日、訪問先のマレーシアで同国のアンワル首相と会談した。中国が覇権主義的行動を強める南シナ海の情勢を念頭に、海洋安全保障分野での協力を確認する見通しだ。マレーシアはシーレーン(海上交通路)の要衝で、日本の同志国軍支援の枠組み「政府安全保障能力強化支援(OSA)」の候補国。周辺海域での情報収集能力強化に向けた機材の提供に関し協議するとみられる。

 日本と東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国などによる脱炭素の連携枠組み「アジア・ゼロエミッション共同体(AZEC)」構想の下、脱炭素を巡る協力深化も申し合わせる方向だ。