立憲民主党の泉健太代表は10日の記者会見で、2025年大阪・関西万博の会場を取り囲む巨大屋根「リング」を350億円かけて整備する方針を批判した。設置の理由の一つとして政府が熱中症対策を挙げている点に触れ「世界一高い日傘に国民が納得するのか」と皮肉った。「予算増を当たり前とせず、どう削れるのか真剣に検討すべきだ」と語った。

 政府はリングを「万博の理念を示すシンボル」と位置付けている。