自民党の菅義偉前首相は12日のフジテレビ番組で、一般ドライバーが自家用車を使い有償で客を運ぶ「ライドシェア」を巡り、過疎地だけでなく観光地や市街地でも利用できるように地域を限定せずに解禁することが望ましいとの考えを示した。「ライドシェアもタクシーも選択できることが望ましい」と述べた。

 国家戦略特区への指定によって一般ドライバーの有償輸送が例外的に認められている地域では、タクシーに比べて料金設定が低く抑えられている現状を踏まえ「(ライドシェアを)ビジネスにするには(規制を)取り払わないと全国的に広がらない」と提起した。