松野博一官房長官は24日の記者会見で、慰安婦問題を巡り、日本政府に賠償を命じた韓国・ソウル高裁判決に関し「国際法および日韓両国間の合意に明らかに反し、極めて遺憾だ。断じて受け入れられない」と述べた。韓国側に「適切な措置」を強く求める考えを示した。

 同時に日韓関係について「両首脳のリーダーシップの下、日韓関係を積極的に動かしてきた。引き続き、さまざまな面で取り組みを進める」と強調した。その上で「日韓間に存在する諸懸案について適切に管理し、相手方と緊密に意思疎通を図る」とした。

 「現下の厳しい戦略環境を踏まえれば、日韓の緊密な協力が今ほど必要とされる時はない」と語った。