上川陽子外相は26日に韓国・釜山で開かれる日中韓外相会談に合わせ、韓国の朴振外相と個別に会談する。慰安婦問題を巡り日本政府に賠償を命じた韓国・ソウル高裁判決は国際法や日韓両国の合意に反しているとして、極めて遺憾だとの立場を伝える見通しだ。北朝鮮の弾道ミサイル対応などでは引き続き連携を確認する。

 上川氏は24日の記者会見で、ソウル高裁判決について「断じて受け入れることはできない。韓国側が適切な措置を講ずることを強く求めていく」と表明した。日韓関係を巡っては「国際社会の諸課題に協力していくべき重要な隣国同士だ」と強調。「日韓の緊密な協力が今ほど必要とされる時はない」と述べた。