日本維新の会を離党した鈴木宗男参院議員(比例)は25日、次期衆院選の対応を巡り、維新が北海道1〜3区に公認候補として選任している支部長への支援は「100%ない」と明言した。代表を務める政治団体「新党大地」の札幌市での会合後、報道陣に説明した。

 鈴木氏はロシア訪問を巡って10月に離党するまで、維新の北海道総支部代表を務めていた。鈴木氏は「離党したわけだから、ここは一線を画す」と述べ、3人の支部長を支援したり、新党大地として推薦を出したりすることはないと強調した。