自見英子地方創生担当相の資金管理団体「ひまわり会」が2022年、政治団体「大阪府医師政治連盟」から受けた寄付金50万円を政治資金収支報告書に記載していなかったことが30日、分かった。政治資金規正法違反の可能性がある。ひまわり会は22年参院選に際して、賃料収入計165万円を収支報告書に記載していなかったことが判明したばかり。不記載が相次ぎ発覚する事態となった。

 収支報告書などによると、大阪府医師政治連盟は22年5月、選挙対策費としてひまわり会に寄付金50万円を支出したが、ひまわり会側は収入に記載していなかった。自見氏の事務所は「事務的な誤りで記載が漏れていた。関係法令にのっとり、適切に対応していく」とした。自見氏は日本医師連盟の組織内候補。

 また、鈴木淳司総務相が代表を務める自民党愛知県第7選挙区支部も22年5月、党本部から受けた支部交付金計約43万円を収支報告書に記載していなかった。鈴木氏の事務所によると、同額を研修会の経費として支出したが、収支ともに記載していなかったという。