自民党は1日、厚生労働部会を開き、雇用保険法の改正案を了承した。2028年10月から雇用保険の加入要件である週の労働時間「20時間以上」を「10時間以上」に緩和するのが柱。パートら短時間労働者約481万人が加入対象となる見込み。政府は今国会へ改正案を提出し、早期成立を目指す。

 働き方の多様化を踏まえ、雇用のセーフティーネットを広げる狙い。加入して支払う保険料率や失業時などに受けられる給付は、現在の加入者と同水準とする。

 改正案には教育訓練のために休暇を取得した労働者に、失業給付と同水準の給付金を出す制度の創設も盛り込んだ。25年10月から始める。