岸田文雄首相は5日、今年の先進7カ国(G7)議長国イタリアのメローニ首相と官邸で会談し、6月に同国で開かれるG7首脳会議(サミット)の成功に向けた連携を確認した。ロシアによるウクライナ侵攻や、中国が海洋進出を強めるインド太平洋地域、人工知能(AI)などをサミットの議題とする方針を申し合わせた。

 会談後の共同記者発表で岸田首相は「イタリアが広島サミットの成果を継続する姿勢を示していることを歓迎したい」と述べた。

 メローニ氏は記者発表で「グローバルサウス」と呼ばれる新興・途上国との連携や、エネルギー安全保障なども今年のサミットで議題として扱う考えを表明した。