岸田文雄首相は19日、ウクライナのシュミハリ首相と官邸で会談した。ロシアによる侵攻を踏まえ、一日も早く公正かつ永続的な平和を実現するため協力する方針で一致した。両氏は対ロ制裁の強化を含む今後の対応を協議。日ウクライナ関係の強化を目指し、機密情報の交換を可能にする情報保護協定の締結に向けた交渉を正式に開始すると確認した。

 岸田首相は会談で「国際社会がウクライナを支えるよう改めて機運を高めなければならない。日本としても官民一体で復興に向けて取り組みを強化したい」と強調。シュミハリ氏は、ゼレンスキー大統領による「さまざまな分野での協力、支援に感謝する」とのメッセージを伝えた。