青森県は、県内の小中学校で提供する給食を10月から無償にする方針を決め、20日発表の2024年度当初予算案に関連経費約20億円を盛り込んだ。県によると、都道府県単位で一律無償化に取り組むのは、全国初となる。

 各市町村に対し、給食費の平均額である1食当たり小学校280円、中学校310円を上限に分配する。既に独自予算で無償にしている自治体には8割相当の金額を交付し、他の子育て支援事業に活用してもらう。

 特別支援学校などの県立校は県が直接負担。私立も対象とするが、現在は給食を提供している学校はないという。

 県内自治体の給食費は無償17市町村、一部無償14市町村、未対応9市町村。