自民党の浜田靖一、日本維新の会の遠藤敬両国対委員長は29日、国会内で会談し、自民党派閥裏金事件を受け、政治改革について議論する特別委員会を衆院に設置する方針で一致した。既存の「政治倫理・公選法改正特別委員会」の名称を変え、委員数を増やす方向で調整する。

 維新など野党側が、政治資金規正法の改正を協議する場の設置を求めていた。遠藤氏は会談後、記者団に「これまで協議会をつくっても、すぐに消えてきた。正規に設置した特別委で政治改革を議論するということで、是としたい」と述べた。