2025年大阪・関西万博を巡り、日本維新の会の馬場伸幸代表は4日、前売り入場券を購入していないと明らかにした。パビリオンの入場予約が始まる秋ごろに家族分と合わせて購入し「売り上げに協力したい」と述べた。会場となる大阪市の人工島・夢洲を視察後、記者団の取材に応じた。

 前売り券は昨年11月発売だが、販売の伸び悩みも指摘されている。維新は党として万博を推進。馬場氏は機運醸成に向けた取り組みを問われ「議員は企業との付き合いもある」と売り上げ貢献への意欲を語った上で「前売り券は買っていません」と自ら切り出した。