岸田文雄首相は1日の参院決算委員会で、10日に米ワシントンで開く日米首脳会談では、自衛隊との円滑な連携に向けた在日米軍司令部の機能強化が議題に上るとの見通しを示した。「一般論として指揮統制の観点からの連携強化は、相互運用性と即応性を高めるためにも非常に重要な論点だ」と述べた。「安全保障をはじめ、政治、経済と幅広い分野で意見を交わしたい」とも語った。

 会談で北朝鮮による日本人拉致問題や核・ミサイル開発問題も取り上げるかどうか問われ「予断を持って申し上げることは控えるが、米国をはじめ国際社会との緊密な連携は不可欠だ」と指摘した。