26日午後4時15分ごろ、大阪市淀川区のJR東海道線(神戸線)の塚本駅で、須磨発京都行き普通電車(7両編成)が停車位置を約330メートル通過して停車した。JR西日本によると、男性運転士(63)は「一時的に意識レベルが低下した」と説明している。約100人の乗客にけがはなかった。

 塚本駅のホームに近づいても電車が減速しなかったため、車掌が緊急ブレーキをかけ、運転士もオーバーランに気付いた。26日朝の点呼では運転士の体調に問題はなかったという。