【トロンヘイム(ノルウェー)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は14日、ノルウェーのトロンヘイムで個人第19戦(ヒルサイズ=HS140メートル)の予選が行われ、日本勢は小林潤志郎(雪印メグミルク)が133.5メートルを飛んで12位、弟の小林陵侑(土屋ホーム)が133メートルで13位となるなど、5人全員が15日夕(日本時間16日未明)の本戦に進んだ。

 佐藤幸椰(雪印メグミルク)は39位、45歳の葛西紀明(土屋ホーム)は47位、竹内択(北野建設)は48位で通過した。