ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)欧州予選最終日は18日、ブリュッセルなどで行われ、2位スペインがベルギーに10―18で敗れたため、6勝2敗の勝ち点29で日程を終えトップに立っていたルーマニアの1位が確定した。W杯出場は9大会連続9度目。1次リーグはA組に入り、19年9月20日の開幕戦で日本と対戦する。

 欧州予選は2年間の欧州選手権の勝ち点で争われた。スペインは6勝2敗の勝ち点26で2位となり、ポルトガルとのプレーオフに回る。プレーオフ勝者は、W杯1次リーグA組の残る1枠を懸けて、6月にオセアニア予選3位のサモアと対戦する。(共同)