広島が3連勝で首位に浮上。4―4とされた直後の四回、前の打席で2点打の田中が右前に勝ち越し打を運び、五回は会沢が加点した。小刻みな継投で反撃をかわし、2番手の薮田が2勝目。ヤクルトは原が5失点と踏ん張れなかった。