日本ハムが快勝した。三回、近藤の適時打で1点を先制。その後は四回にアルシアのソロ、六回に清水の2ラン、七回に中田のソロで着実に加点した。上沢が三回に危険球で退場したが、救援陣が踏ん張った。西武は拙攻が目立った。