プロ野球広島で中軸打者として活躍し、国民栄誉賞を受賞した衣笠祥雄氏の死因は上行結腸がんで、23日夜に東京都内で死去していたことが24日、関係者の話で分かった。