【ロンドン共同】ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会欧州予選の不正で受けた処分に対し、異議を申し立てたルーマニアとスペインの両協会が1日、国際統括団体のワールドラグビー(WR)が設置した独立委員会の聞き取りを受けた。

 WRは5月にルーマニアやスペインなど3カ国に当該国の代表資格を持たない選手が出場メンバーに含まれる規定違反があったとして各協会を処分。W杯1次リーグで日本と同じA組に入る欧州代表はルーマニアからロシアに変更となり、スペインも欧州・オセアニア・プレーオフ進出を懸けたポルトガル戦に回る予選2位の座を失っていた。