スーパーラグビーのレベルズ(オーストラリア)は17日、遠征先のニュージーランドで同僚選手を暴行した疑いで一時身柄を拘束された日本代表FWアマナキ・レレイ・マフィ選手とその同僚選手がチームの規律に違反したとして、1万5千豪ドル(約125万円)の罰金を科したと発表した。

 2人は14日にニュージーランドでの試合に敗れた後、口論の末に、もみ合いとなった。マフィ選手は16日、ニュージーランドの裁判所に出廷し、保釈が認められた。8月3日に尋問を受ける予定。(メルボルンAP=共同)