【ローザンヌ(スイス)共同】国際オリンピック委員会(IOC)は18日、スイスのローザンヌで理事会を開き、2020年東京五輪の競技日程の大枠を承認した。7月24日の開会式に先立って同22日に福島県営あづま球場でのソフトボールの日本戦で競技を開始し、聖火リレーに続いて東日本大震災で被害を受けた福島が皮切りとなる。マラソンなど屋外競技は、猛暑を避けて可能な限り早朝に設定された。

 競泳を午前決勝とするかどうか協議が続く水泳を除き、日程の概要が決定。開幕まで2年余りに迫った大会の具体像が示され、史上最多33競技、339種目を実施する熱戦の準備が加速する。