センチュリー21レディース第2日(21日・滋賀県瀬田GC=6518ヤード、パー72)初優勝を狙う20歳の小祝さくらが4バーディー、1ボギーの69にまとめ、通算13アンダーの131で単独首位を守った。1打差の2位にアマチュアのクリスティン・ギルマン(米国)、さらに1打差の3位にユン・チェヨン(韓国)が続いた。

 66で回った木村彩子が通算9アンダーで全美貞(韓国)とともに5位、64と伸ばした新垣比菜が8アンダーで7位につけた。上田桃子は8位、横峯さくらは21位。イーブンパーまでの58人が決勝ラウンドに進んだ。