2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は22日、大会マスコットの名前を五輪は「ミライトワ」、パラリンピックは「ソメイティ」と決定し、東京都内でお披露目イベントを行った。ぬいぐるみなど関連グッズの販売もスタート。開幕まで大会の機運を盛り上げる。

 組織委によると、ミライトワには素晴らしい未来が永遠に続くようにとの願いを込めた。ソメイティは、桜を代表する「ソメイヨシノ」と英語の「so mighty(とても力強い)」の組み合わせから発想した。

 ネーミングは専門会社に委託。五輪とパラリンピック各30の案から絞り、外国語で問題がある表現かどうかもチェックした。