【サンフランシスコ共同】ラグビー7人制のワールドカップ(W杯)第2日は21日、米サンフランシスコで行われ、女子の日本は9〜12位決定予備戦でフィジーに15―14で競り勝ったが、続く9、10位決定戦ではイングランドに5―31で敗れた。決勝は2016年リオデジャネイロ五輪銀メダルのニュージーランドが29―0でフランスを下し、2大会連続2度目の優勝を果たした。

 日本はフィジー戦で9点を追う後半に谷口(アルカス熊谷)のトライで10―14とし、試合終了間際に中村主将(アルカス熊谷)のトライで逆転した。