ラグビーのトップリーグ第3節第1日は14日、東京・秩父宮ラグビー場で1試合が行われ、神戸製鋼がサントリーを36―20で破り、開幕2連勝とした。3連覇を狙うサントリーは初黒星を喫して2勝1敗。

 神戸製鋼はニュージーランド代表112キャップのSOカーターがデビューし、フル出場して1トライ、2ゴール、4PGで21得点の活躍。チームは前半を山下の先制トライなど3トライで23―8とリードして折り返し、後半も13点を追加した。