貴乃花親方は告発状について「事実無根としなければ、親方を廃業せざるを得ないという有形無形の要請を受け続けてきた」と明らかにした。