学校法人須磨学園(神戸市須磨区)の西泰子理事長は5日、記者会見し、須磨学園高サッカー部の公式戦で2年の男子部員(16)が前歯2本を折る重傷を負ったと発表した。同校は「相手校の選手に押し倒されて顔を蹴られた」とし、相手選手が「わざとやった」と発言しているとも主張した。

 対戦した神港学園高(神戸市中央区)の増尾礼二校長は取材に「故意ではないが申し訳ない」と話している。

 須磨側によると9月29日に市内のグラウンドで対戦。審判が神港側のハンドの反則を認めた直後に暴行があったとしている。