超党派のスポーツ議員連盟が設置した有識者会議の境田正樹座長は16日、スポーツ界で続発する不祥事対策として、順守すべき組織運営規定を国が策定し、競技団体がそれを満たしているかどうかを第三者機関が審査する仕組みを検討していると明らかにした。不正のチェック機能を強化する狙いがあり、問題があれば国か日本スポーツ振興センター(JSC)が調査できる権限を法律に明記する案も出ている。同日の会合で協議した。

 構想では、国が策定する「スポーツガバナンスコード」に合わせ、各競技団体を統括する日本オリンピック委員会(JOC)や日本スポーツ協会が加盟団体規定を改訂する。