【ミュンヘン共同】ハンドボール男子の世界選手権は11日、ミュンヘンなどで1次リーグが行われ、B組の日本は初戦でマケドニアに29―38で敗れた。

 ドイツとデンマークが共催する大会は24チームが4組に分かれて1次リーグを実施し、各組上位3チームが2次リーグに進む。