2020年東京五輪の開幕まで12日で500日となり、大会組織委員会は各競技を絵文字で表す「ピクトグラム」の発表や、東日本大震災の被災地を巡るキャラバンバスのお披露目などを予定している。競技会場がある近隣県でも関連イベントが計画されており、開会式が行われる来年7月24日に向けた機運の盛り上げに努める。

 ピクトグラムは1964年東京五輪で初めて全面的に導入された。今回は50種類あり、64年大会のデザインをモチーフに活用。東京都内での発表会には16年リオデジャネイロ五輪陸上男子400メートルリレー銀メダルの飯塚翔太選手、空手女子の清水希容選手が出席する。