2020年東京五輪の影響で大会前後に本拠地球場が使用できなくなるプロ野球のDeNAとヤクルトが、主催試合を東京ドームで開催することが26日、分かった。DeNAが6試合、ヤクルトは13試合を行う見込み。巨人の本拠地でセ・リーグの他球団が主催試合を行うのは極めて異例。

 DeNAは、横浜スタジアムが野球・ソフトボールの主会場となるため6月9日〜8月23日は使えず、ヤクルトは新国立競技場に隣接する神宮球場が機材置き場となるため、7月6日〜9月13日は使用できない。

 DeNAは使用できない期間中に他球団の協力を得て、主催試合を先送りしてビジター試合を増やす。