阪神が獲得した新外国人のヤンハービス・ソラーテ内野手(32)が22日、兵庫県西宮市の球団事務所で入団記者会見を行い「自分の100パーセントを出してやっていきたい」と意気込んだ。

 メジャー通算670試合に出場し、打率2割5分8厘、75本塁打、307打点。デビューしたヤンキースではイチロー氏とロッカーが近かったそうで「あまり多くを語らない人だけど、試合の時の集中力や、試合中に励ます姿にすごく印象を受けた」と語った。

 谷本修球団本部長は「内外野ともに守れ、パワーを兼ね備えたスイッチヒッター。大きな力になってくれることを期待している」と話した。