アイスホッケーのアジア・リーグは26日、2019〜20年シーズンの日程を発表し、8月31日のクレインズ―アイスバックス(北海道釧路市)、フリーブレイズ―王子(青森県八戸市)で開幕することになった。日本の4チームのほかハルラ、デミョン(ともに韓国)、昨季王者サハリン(ロシア)の計7チームが参戦する。

 レギュラーリーグは6回戦総当たりで来年2月16日まで全126試合を実施し、4位までがプレーオフに進出。準決勝は3回戦制、決勝は5回戦制で争う。3月8日までに全日程を終了する。