【ロサンゼルス共同】米プロバスケットボールNBAは1日、各地で行われ、ウィザーズの八村塁は敵地ロサンゼルスでのクリッパーズ戦に先発出場し、約38分のプレーで自己最高の30得点をマークした。9リバウンド、3アシストも挙げた。チームは125―150で敗れ、2連敗で6勝12敗となった。

 グリズリーズとツーウエー契約を結ぶ渡辺雄太は敵地ミネアポリスでのティンバーウルブズ戦で11月9日以来のベンチ入りを果たしたが、出番はなかった。チームは115―107で勝った。